樹木葬は埼玉がおすすめ

subpage01

あまり聞き慣れない「樹木葬」。



今、全国で新たなお葬式の形として注目されている樹木葬とは骨粉を海や山などに行政の許可を取って撒く、いわゆる「自然葬」の一種です。



しかし、散骨と違ってきちんとした墓地に墓標の代わりに樹木を植えるといった形になりますので、家の庭にあるお気に入りの木の下へなど勝手に埋葬する事は出来ません。


また、里山型の樹木葬もありますが、こちらはより自然と一体化をなさりたい方におすすめです。

一人1本の植樹をする事になるので、里山の環境保全になるとこちらも注目されています。



公園型の樹木葬もあり、こちらはシンボルとなる樹木の周りに複数埋葬される形になります。
一般的な墓地は土地と墓石で約200〜300万円ほどかかると言われますが、樹木葬ですとその2割程度の費用で済むので、費用の面でも魅力的です。最後は自然に還りたいと宗派に捕われずにゆっくり眠りたいという人から支持を集めています。

埼玉は都会くにありながら、西には秩父地域が広がり、河川も多くとても自然の多い地域でもあります。

そんな埼玉は自然な埋葬を望む方にはぴったりな所ではないでしょうか。

済んでいる場所から遠い所にお墓があると気軽にお墓参りに行けません。


今は宗派や家に縛られずに、自分でお葬式のやり方や埋葬を選べる時代です。たくさんの墓地がパンフレットを用意してますのでもし関東にお住まいならば、東京からも電車で簡単に行ける埼玉は選択肢のひとつになるのではないでしょうか。