埼玉では自然葬が人気です

subpage01

最近、埼玉でも自然葬を行う人が徐々に増えています。

自然葬というのは、遺骨を従来のお墓に納めるのではなく、砕いて海にまいたり、墓石を作らずに木の下に埋葬したりする方法です。死んだ後は人工物であるお墓よりも、自然に帰りたいという人々の願望のあらわれとも言えますが、一方では核家族化の進行や経済的な理由で、お墓の維持管理が難しくなっているという社会経済的な原因もあると指摘されています。

それから、あまりにも高額化してしまった葬儀費用に対するアンチテーゼという意味もあると言われています。



たしかに現在の葬儀は何百万もかかるケースもあり、遺族にとってとても大きな負担になっています。

高い墓石や寺に収める維持管理費などに疑問を抱いている人も多いです。

そこで、もっと葬儀はシンプルでいいのではないかということで自然葬へ注目が集まっているという側面もあります。

埼玉でも死後は自然に帰すという趣旨の葬儀サービスを提供しているNPO法人や寺院が存在します。
とくに埼玉では郊外に行けば豊かな自然が残っていますから、その緑を活用して樹木葬を行う人が多いです。


東京などからも埼玉で樹木葬を行おうとやってくる人がひっきりなしです。

樹木葬は、墓石を作らず土に遺骸を埋め、その上に木を1本植えておくという埋葬方法です。

NAVERまとめの情報をあなたにご紹介いたします。

葬った後は寺院のお墓のように維持運営費を取られることもなくとても気楽です。



またとてもリーズナブルな価格で埋葬できるというのも人気です。

故人も子孫がお墓のことで悩まずに伸び伸びと生きている方が嬉しいでしょう。